京都丹後・網野の竜宮城 丹後旅の宿 万助楼

Blog
若大将ブログ!「丹後は魅力の玉手箱」

ご安心を。

2009.4.9 日記 

 

【シロサバフグ】

セリ場で魚を見ていると、大きなシロサバフグがいたので写真に収めました!
40センチほどあるのは珍しかったです。
周りにいるフグは手のひらサイズです。

シロサバフグは無毒なので、
肝も卵巣も身もすべて食べられます!

【トラフグ】

こちらはトラフグです。
トラフグは、ご存知の通り猛毒です!
身、皮、白子以外は食べられません。

『フグは食いたし、命はおしい。』
昔の方達は、命がけでフグを食べていたのでしょうか。; ̄ロ ̄)!!
確かに、しっかりとした旨みがあり、僕もフグは大好きです!

テッサで食べるのも、もちろん美味しいですが、
僕のお進めは、厚く切った身をサッとお湯に潜らせ、お塩で食べる!
身フグは身がしっかりしてので、歯の悪い方にはお進めできませんが、
フグの旨みを再確認できますよ。(〃^▽^〃)

地元の方の宴会や、ご宿泊のお客さまからも年に数回『ふぐ料理して!』と、
ご注文いただいております。
命がけでは無く、安心してお越し下さいませ。

アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

Pagetop