京都丹後・網野の竜宮城 丹後旅の宿 万助楼

Cuisine
料理

三宝が織り成す郷土の食。

自然豊かな環境。
海の恵、山の恵、田畑の恵
三つの宝を手仕事に乗せて。

  • 万助楼のお料理
  • 万助楼のお料理
  • 万助楼のお料理
  • 万助楼のお料理
  • 万助楼のお料理
  • 万助楼のお料理
  • 万助楼のお料理

Cuisine
万助楼のお料理

この地にお越しいただいたからこその料理

当館前は漁港、磯場、砂浜に囲まれ、
一年通して豊富な魚種が目の前の漁港に水揚げされます。
朝のセリに行きどんな魚で料理するか、
その日の献立を立てるのが朝の仕事。
万助農園では安心で安全なお野菜を作り、
必要な野菜を必要なだけ収穫します。

魚、野菜、米、味噌、牛肉までも丹後産。
日本一だとは思っていませんが、
しみじみ美味しい食材ばかり。
それを生み出す生産者さんと、
この大自然が私たちの宝物です。

丹後の食材を、どのように調理し、
どのように組み合わせ、
お出しするかが万助楼のお料理です。
当館のお料理を風土と共にお召し上がり下さいませ。
万助楼・板長 大町 英継

季節のお料理

  • かに料理
  • かに料理
  • かに料理
  • かに料理

万助楼の朝食

ここ丹後は長寿の町その要因は食にあるのではないかと言われております。
当館の朝食は丹後の食習慣であるフレッシュな海草やお野菜を中心とした、「丹後のおばんざい」をお出しいたします。
けっして華やかではございませんが、滋味深い丹後の郷土食をご飯を片手にモリモリと召し上がっていただきたく思います。

朝食のこだわり

朝食の卵かけご飯、三種の醤油

当館の朝食の名物の一つが卵かけご飯です。
丹後の地卵は殻が硬く黄身と白身の力強さは流石です。
ご用意するお醤油は三種類、酒粕しょうゆ、燻製しょうゆ、梅鰹しょうゆ、山椒しょうゆ、カニしょうゆ等々シーズンによって変わります。お楽しみに!
※ビジネスプランには三種の醤油は付きません

Sea & Mountain
日本海・海山の幸

海の幸

  • 鰆(さわら)

    鰆(さわら)

    京都府は鰆の漁獲量が日本一!
    一年を通しておいしい鰆が水揚げされ、2.5キロ以上の物が脂もあり味噌との相性が良い。
    身が柔らかく鮮度が落ちやすいため、お造りでおいしく食べられる時間は短い。
    冬に水揚げされた寒鰆は特に最高。

  • 岩牡蠣(いわがき)

    岩牡蠣(いわがき)

    丹後の岩牡蠣は良く身が太り、非常に濃厚でクリーミー!
    良質の植物性プランクトンが豊富な海がもたらす夏の味覚!

  • 鳥貝(とりがい)

    鳥貝(とりがい)

    「大きさ」「肉厚」「味覚」三拍子そろった丹後の鳥貝は日本一!
    噛むほどに旨味がにじみ出る美味しさは正に絶品!

  • のどぐろ

    のどぐろ

    白身のトロと言っても過言ではない。
    都会ではほとんど口に出来ない高級魚!
    とろける美味しさを、ご賞味あれ。

  • 松葉蟹

    松葉蟹

    冬の日本海の食の王様「松葉蟹」。
    11月から3月までと漁解禁期間は短く、近年では漁獲量も減少傾向にあります。
    希少な松葉蟹は北近畿にある漁港から朝競りで買い付ける活け蟹を調理いたします。
    幻の蟹と呼ばれる「間人蟹(たいざかに)」や青タグブランドで人気の「津居山蟹」をかに懐石でお召し上がりいただけます。

  • 鰤(ぶり)

    鰤(ぶり)

    丸々と太った10キロほどの鰤が浅茂川漁港に並ぶ。
    背より腹、尾より頭、に脂を持ち、「寒鰤」と呼ばれる最高においしい時期を迎える。
    口に入れるとマッタリとした味わいは絶品。

万助農園

  • 万助農園
  • 農家の女性
  • 野菜
  • 白菜

万助農園の野菜

料理で使用している野菜のほとんどを自家畑でつくっております。
丹後の豊かな自然や気候で育つ野菜を是非ご賞味下さい。
冬のカニシーズンでは甘くてまろやかな白菜やポン酢とよく合う大根おろしも大変ご好評いただいている野菜です。

浅茂川漁港でのセリ風景

当館の前にある「浅茂川漁港」の水揚げから、セリの様子を収めました。
「釣り」「刺し網」「覗き」「底曳」「定置」など様々な漁法で新鮮な魚が水揚げされます。
毎朝、せりに行きその日に使う食材を選んでおります。
御希望のお客様には、セリ見学もご案内いたします!
また11月から3月まではかに漁が解禁になり、漁港には鮮度抜群のかにが水揚げされて賑わいをみせています。

京たんくろ和牛

  • 京たんくろ和牛
  • 京たんくろ和牛

京たんくろ和牛

当館から車で約10分の山間にある日本海を一望できる「日本海牧場」で飼育されている京丹後のブランド牛が「京たんく ろ和牛」です。
赤身の美味しい短角牛を母に、 脂のおいしい黒毛和牛を父に持ち、年間30頭程しかお肉にならない地元生まれ地元育ちの珍しい和牛です。

Drink
お飲物

Pagetop