京都丹後・網野の竜宮城 丹後旅の宿 万助楼

Blog
若大将ブログ!「丹後は魅力の玉手箱」

万助土鍋をご紹介

2020.1.18 日記 

今日は、主にご朝食で登場する万助楼オリジナル土鍋をご紹介致します。
この土鍋は当館の事をよくご存知の栃木は益子で生活されている
芸術家の方にお世話になっております!
きっかけは朝食用の土鍋が欲しく、器屋さんなどで
土鍋を探しておりましたが、
似た感じのものばかりだったり。。。。。
とてつもなく高価だったり。。。。。
お店に並んでいる土鍋の中だったらこれを選ぶけど、この土鍋が欲しい!!
といったものが少なく。。。。。。
「だったらオリジナル土鍋でいこう」と思い益子へ電話をかけました。
思いを伝えると「よし、わかった!」と、デザインは一切おまかせ。
そして出来上がって来た土鍋がこちら!!

亀の取っ手に蓋には万助楼の文字!
亀の甲羅には「福」が書かれております!(^^)!

蓋を置くとき取っ手を下にすると、
亀がいて安定しないので、竹を切ってその上に置く。
そのほうが置きやすいですし( ^^) _U~

使い込むほどに雰囲気が出て、
とても素敵な雰囲気になってきます。
しかしこれも消耗品。。。。
経年劣化していく美しさは使用している限り

永遠の物ではありませんので、
ヒビが入り、水が漏れだすとお粥を炊いて
修復します。ですが一時的な手段です。
ですので、万助土鍋の二代目をお願いいたしました。

今度は亀の形を変えて蓋置を使わなくても置けるようにしていただき、
蓋と胴の入りも深く被るようにしていただきました。
これはご飯を炊いている時、吹きこぼれ軽減のためです。

当館でのご朝食の時にすべてのお客様に土鍋で
焚くわけではありません。
焚口が足らない事にもなります。
基本的にガス窯で焚き上げます。
しかし、常連様に何か変化のある事をしたい!
さらにおいしくお出ししたい!!
そんな思いから土鍋焚き御飯を始めました。
プランやお部屋のグレードによっても
土鍋焚きでお出ししております!
行く行くはすべてのお客様に土鍋焚きで
お出ししたいのですが。。。考えてゆきます!!

そしてこの度、万助土鍋の三代目!!!

今回は一升焚きもお願いいたしました~~!

亀の下に丸い模様がありますが、海亀が砂浜で産まれ、
月の光に導かれるように海に帰っていく様子との事!
なので、銘は「月亀」でございます。
主に地元のお客様がご利用くださる時、出場致します。

使い込むほど味がでるこの土鍋、
大切に育てていきたいと思います~~~!(^^)!

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/

ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

寒い冬が育てます!

2020.1.10 海からの恵み 

昨日から大時化でございます。
午後から急に風が強くなり、
網戸も右へ左へ動いている状態です。
当館前の様子です。

何でも早く錆びるのも良く分かった頂けるかと。。。
こんな時化だと水揚げはもちろん無し。。。
でもご安心ください。こんな事になるのは解っていたので、
13キロの大きな寒鰤など食材は、手元にございます!!!

脂もノリノリですので、
皮を引いた包丁は脂でベットベト!!

美味しい寒鰤のカマは飴煮に!!!

生姜の泡をたっぷりと掛けお出しいたします(^.^)
鰤しゃぶも最高です!!

寒い日本海は美味しい魚を育ててくれますので、
少々寒いのも我慢我慢(笑)

ご夕食はもちろんですが、
宿屋の朝食も楽しみの一つですよね。
当館ではプランや常連様に土鍋で焚き上げた
ご飯をお出しいたしております。
その土鍋はオリジナルの物でございます。
次回はその土鍋をご紹介いたしますね(^O^)

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/

ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

令和二年!あけましておめでとうございます!!

2020.1.4 日記 

あけましておめでとうございます。
令和二年が始まりました!!!!!!!!!

おかげさまで年末から三が日、そのまま土日!!
今年は曜日の関係もありロングでございました~~!

寒波襲来と予報されておりましたが、雪も降らず、
足元の良い状況でありがたかったです!
おかげさまでトラブルもなく、
心穏やかに新年を迎えられ感謝いたしております。
31日はお夜食に年越し蕎麦をおだしするため
恒例の蕎麦を打ち、地元のお客様にご注文いただいている
重詰めを仕上げたりと、慌ただしくいたしておりました。

元旦から三が日の朝は、お餅つきをし、
お客様に楽しんでいただけました~~(^O^)

ついたお餅は、食後にぜんざいで召し上がっていただきました。
そして、ご朝食には小さな二段重を!
今年も一生懸命歩んで参りたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/

ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

再放送です!両成敗のチャンス!!!!

2019.12.25 日記 

今週、28日の土曜日に
藤井フミヤさんが「浦島伝説」の真実に迫る番組の
再放送がございます~~~~(^.^)
ロケ地はそう、京丹後です!!!!!!!
浦島伝説は全国に数十か所ございますが、
ここ京丹後市網野町の浦島伝説が、記してある書物が
最古でございます(^^)/

浦島伝説に迫ると同時に
丹後の歴史にも迫る内容でございます!
他府県の方はもちろんですが、
丹後の方にもご覧いただきたい
内容でございます~~~。

ちなみに、この特別番組の
第一弾が、桃太郎伝説に迫り、
第二弾が、浦島伝説に迫ると言う!!!!
詳細はこちら
^^^^^^^^^^^^^^^^^^
藤井フミヤさんが桃太郎や浦島太郎など、
誰もが知っている「お伽噺」の歴史を訪ねてゆく!

BSフジ 全国放送> 
『藤井フミヤスペシャル 岡山で観た。本当の桃太郎伝説!』
 2019年12月28日(土) 12:00~12:55
http://www.bsfuji.tv/fujiifumiya_sp/pub/index.html
『藤井フミヤスペシャル 本当の浦島太郎伝説』
2019年12月28日(土) 13:00~13:55
http://www.bsfuji.tv/fujiifumiya_urashima/pub/index.html

当館は浦島伝説のロケで少しだけ、
携わらせていただきました。
二本仕立てで両成敗でございます(笑)
是非ご覧くださいませ(^^)

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/

ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ぶりぶりの寒ブリ

2019.12.23 お料理 

今年も、もう少しで終わりですね~~!
そこで冬に美味しさのマックスを迎える魚!
そう「寒鰤」をご紹介いたします。

先日入荷した12キロ越えの寒鰤です(^^)
鰤はやっぱり10キロを越えてきた物が
脂の乗りも違ってくるように感じます!
背の張りが身質の良さを期待させてくれます。

大きさが、わかりやすいようアイアンクロ―を
仕掛けましたが、コメカミに届かず。。。。
まぁ、どこがコメカミかわかりませんが。。。。

鱗が細かく個体が大きな魚なので「すき引き」という
手法で鱗を除去します。包丁で尾から頭に向かい
鱗と皮の間を切り離していく方法です。

どうです!スッポンポンになりました^m^
この方が皮目に水分が残らず寝かしにも耐えてくれます!
皮を引いた包丁に脂がべっとり!!!!!!!


何も言わなくても伝わりますよね~~~~!
カニ料理のお造りに添えてございます。
丹後の冬も美味しゅうございます(^^)/~~~

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/

ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

北風の良いとこ悪いとこ。

2019.12.13 お料理 

関西の紅葉も、もう終盤だと聞きました。
当館の壺庭の紅葉もとうとう紅葉しきらず冬へと向かいそうです。

海辺は風が強く綺麗な紅葉が見られる場所も少ないので、
毎年この紅葉を楽しみにいたしておりました。。。。
そんな時は屏風を眺めて季節を楽しむことに~~~(笑)

冬の空っ風は、色付く葉には厳しく吹きつけますが、
干し柿には、とても好都合でございます。
綺麗に乾燥仕上がるまでに食べるのには丁度いい!!

そんな頃合いに人知れずかぶりついていたのは、秘密です(笑)
綺麗に乾燥した物は、おせち料理にも入れます。
自家製の干し柿は丁度いい硬さに調節できるのが嬉しいです!!!

干し柿は開いてレーズンバターを芯に巻きます。
もちろんレーズンバターも自家製。

レーズンと胡桃をたっぷり入れられるので、
「私の、レーズン入っていない。。。」と、言う事はございません(^O^)
干し柿を連ねてレーズンバターを芯にしてロール!!
輪切りにして使います!

冷たい厳しい北風の困る所と良い所をご紹介いたしました!!
干し柿のつまみ食いは、くれぐれも万助楼内では秘密ですので!!(笑)

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/

ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

料理旅館

2019.12.4 日記 

当館は明治40年からこの地で宿屋をいたしております。
宿泊が主体ではございますが、昔から地元のお客様の会食や
ご法要のお席、顔合わせ等々、お食事のみのご利用も致しております。
数十年ほど前は婚礼の仕出しやお葬式の時など二重の折り詰めなんかも
ご注文いただいておりましたが、時代とともにそのようなスタイルもなくなり、
パックのお弁当のご注文が仕出しの主体です!
昔から料理旅館として地元のお客様にもご利用いただいております。
今があるのも、本当におかげさまでございます。

先日、久しぶりに器での仕出しのご注文がございました。
新築祝いとのことです。昔から使っているもろぶたに
お料理を入れ配達してまいりました!!!
その時のお料理を少しご紹介いたします。

「八寸」
地元農家さんが端正込めて作ってくれたビーツは、
白味噌でゆっくりじっくり焚き上げました。
他には生落花生の塩茹でや、
栗の渋皮煮、鹿肉などなど!!!

「酢の物」
牡蠣の淡酢漬け、鬼おろしや菊の酢漬け、
アラレ柚子を散らして。

「天ぷら」
海老と地野菜、白海老の米粉揚げ。

「焼物」
鰆の味噌漬け、完熟ピーマンの酢漬けをっ添えて。

「お造り其の一」
鰆、バイ貝、アオリ烏賊、それらを引き立てる
地野菜たち~~!ちなみに鰆は礒辺巻にも(^O^)

「お造り其の二」
鯛と甘海老の白子ポン酢掛け。

他にもお料理はありますが急いでおりましたので、
写真はここまで。。。。。
何故急いでいたかと言うと、配達に遅れそうだったもので。。。
配達は、隣の地区まで15分。。。安全運転で。。。
5分遅れで配達終了しました~~~~^_^;

料理旅館として、地域の皆さまにも愛されていけるよう
頑張って参りたいと思います!!!!

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/

ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

夜な夜なコッペ

2019.11.21 日記 

昨日は深夜の勉強会が行われました!
何故深夜なの???と質問がありますが、
休日はみんなバラバラなので
仕事終わりに集まれば参加しやすい為です。

今回の題材は「コッペガニ」です。
丹後ではコッペと呼びますが、
越前の方では香箱ガニとも呼ばれますし、
セイコガニやセコガニと呼ばれております。
各地方によって呼び名が違うのは、
土地土地で愛されてから世に出て行ったからでしょうね(^^)

オスの松葉ガニは昔から出荷用として
浜茹でにされ出荷されておりましたが、
メスのカニは世に出る機会が少なく、
地元の人たちは以前、おやつ変わりに
食べていたそうです~~~!

松葉ガニは焼きや鍋や天ぷら等々、
さまざまな調理をされますが、
コッペガニの調理と言えば、
茹でた物しか見た事ありません。
それをほぐして和えたり吉野仕立てにしたり。
そこでコッペガニはどんな調理が美味しいのか!
それにはどんな調理法が適切なのか!!!

そして、茹でたコッペをほぐすには
それぞれどんな手順なのか、どんな道具が
使いやすいのかを意見交換しました(^^)

オスのカニと違う内子と外子!
それを生の状態で料理するのですが、
温度や熱媒体は何を使うのか、何度なのか。
料理の仕上がりイメージをして調理します。

作って味見て、お酒をふくみ、
感じた改良点や提供の仕方など、
料理人の夜は日付を跨ぎ、更けていきました!!

また一つ試したい料理を思いついたので、
試したいと思います~~~~~(^^)

次回は調理場を飛び出し、
土地の勉強をする予定です!!!
料理人は調理だけという訳ではなく。
何故その料理を作るのか。
その土地の、歴史、風土、文化
様々な事を知り、感じ、料理を作っていく事が
ここでこの料理をする意味に繋がり、
ここでしか味わえない料理になって行くのだと感じます。

この地域の素晴らしさを再確認したいと思います!
また報告いたしますね(^^)

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/

ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

渋い。と言う感覚

2019.11.16 お料理 

秋は色々美味しい物が出てきます。
今まで食べた事がなかった種類のイチヂクを
農家さんから紹介頂き、美味しさに感動したり、
普段使った事が無かったお野菜をお料理してみたり。
また、いつもと変わらず立派な美濃柿をわけて頂き、
いつもと変わらず干し柿にしました!
ま、皮を剥いて吊るすまでは3代目の父の出番です(笑)

サツマイモも、金時やシルクスイートなど種類も豊富です。
今年も朝食に使う為に安納芋を仕入れています!
そんな毎年の安納芋は今年デザートにもなりました(^^)

材料は単純で安納芋と砂糖と牛乳。それだけ(笑)
お芋のコクと粘りがとってもクリーミーなんです!

剥いた皮はゆっくりじっくりこんがりとローストして、
粉末にします!それを使って香ばしい皮のそーすを
お芋のアイスにかけてお出ししております~~(^^)

黄色のアイスを食べれば安納芋のアイス!
皮のソースを絡めて食べると焼き芋アイスに!!

この皮の風味が若干カカオを思わせる香りなんです!!
今後何か面白い事が出来るかもしれません。

この安納芋のアイスはもうすぐ終了します!
今度は梨のソルベに致します~~~!
仕込みましたらまたご紹介いたしますね!!

話は変わりますが、最初にご紹介した干し柿は、
渋柿を甘く食べる為と保存する為の素晴らしい
食ですね!干し柿にせよ熟し柿にせよ、
ご家庭で作る事がホントに少ないと思います。
という事は渋柿がご家庭とは無縁という事。
熟し柿を食べて「わ、、、まだ渋が抜けてないわ。。」
と言いながら食べる事も無くなります。
「渋い」と言う感覚がわからない子供さんも多いでしょうね。
渋いってどんな感覚かわかりますか??

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/

ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

解禁しました!!!

2019.11.12 日記 

11月6日にカニ漁の解禁を無事迎え、
解禁日前日は、カニ漁を行う船「大善丸」が

問題なく出港しているか!ですとか、
海上の様子は穏やかなのか!ですとか、
朝まで漁が続けられるのか!ですとか、
ソワソワいたしておりましたが、
心配ご無用と言わんばかりに、天気は良好!
沢山、カニをつんで帰ってきました~~~(^O^)

船がかえってくると、まず、コッペガニの選別を行います.

甲羅の大きさはどのくらいか!足は揃っているか!
外子はしっかりあるか。などなど、厳しい振り分けを
おこないます。

セリが始まる前にオスのカニを並べていきます!
これもやはり大きさ、甲羅の硬さ、指オチの数、
長さ、キズ。など、振り分けます。

セリ人もいつもより緊張気味の顔でセリがスタート。

やはりセリの声は活気があって良い物です(^O^)
今年も無事にカニ漁のスタートが切れ、みな、
ホッと一安心ですね!!セリが終わるまでに、
大善丸はまた海へと向かって出港していきました。
3月末まで美味しいカニが捕れますので、
是非丹後へお越しくださいませ~~~!

解禁の夜は、確認の為。。。。。
どうしても、チェックが必要なわけで。。。
ただ単に食べたい!と言う訳ではございませんよ。。。
これも仕事のうちなので。。。。。。。。

うううううう。。。。。旨い。
いつもと変わらぬ安定の美味しさ!!!!
揺るぎなさすぎて、
もはやチェック不要です(笑)

でも、チェックさせてください。。。。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/

ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

Pagetop