京都丹後・網野の竜宮城 丹後旅の宿 万助楼

Blog
若大将ブログ!「丹後は魅力の玉手箱」

カテゴリ:日記

塗り直しと磨き上げ。

2021.7.15 日記 

報告をすっかり忘れておりました。。。
6月に館の一部の外壁を塗り直しいたしました!
目の前が日本海という事があり、北風が厳しい!
厳しすぎます!!潮風が吹き付け、塗装や杉板は
ズタズタになりかけております、、、、。
ですので、塗り替えを行いました~~~!

足場を組んでもらうので、大工さんに外側から劣化している所、
私たちが日ごろ激しい雨の時に現れるシミや、冬になると吹き込む隙間風。
そんな症状の要因と考えられる所を手直ししていただきました。

大工さんに呼ばれ、現場まで上がり説明を受けたり確認をしましたが、
私は高所恐怖症なものですから。。。。まぁ怖い怖い。。。
少し高台になっている所から建築されているので、
二階建てですが高さ的に三階建て程の高さになります。

私が高いから怖いというと、大工さんは
「ほーかえ?なんともにゃーけどなぁ~。」と、、、、。
さすが、慣れというものでしょうか(笑)

そんなこんなでメンテナスもしていただき、
塗り直しも三回塗り重ねていただき、
綺麗になりました~~~~!

チェックインとチェックアウトしか見る事のない
外観でございますが、チェックイン前、チェックアウト後、
10秒づつ眺めていただくよう強く強くお願い申し上げます(笑)

ハード面では塗りなおせば綺麗になりますが、
おもてなしやお料理は、ほころびてしまうと、
塗り直しなんかでは誤魔化せません。
常に磨いて参りますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/

ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

今日で114歳

2021.7.12 日記 

今日は7月12日。
明治40年の今日、万助楼は誕生しました。
もともと漁師をしておりました初代は売れ残った魚を
料理し振舞ったところから小さな料理屋を初めました。
その後、宿泊業を始め、「料理旅館」として、
御宿泊以外にも地元のお食事や仕出しもご利用いただいておりました。

当館の近くに大きな木材問屋などもあり、
目の前の漁港に木材など、船で運ばれてきますし、
今でいうビジネスホテル的な需要もあったのでしょう。

それから二代目に引き継がれ丹後では織物業が盛んになり
機屋さんの宴席がとてつもなく忙しかったそうです。
二代目は芸事が好きで、短歌、やお茶、三味線で長唄。
日本舞踊では名取までなり当館でお稽古も行い生徒さんも数名。
そして第二次世界大戦がはじまりました。

三代目になるとバブルとカニ料理が大忙しだったのは
私も記憶しております。婚礼の仕出しが数日続き、
仕出し料理に使う銀ケースを並べたり
配達に行くのに器の並んだ桐箱を料理場と車を何往復も
運びました(笑)父母は三日ほどまともに寝ていなかったそうです。
宿をリニューアルし温泉を共同で掘り以前と違う魅力もできました!

そして今。
コロナで世界がパニックになっていますが、
今日までの114年に様々なことがあったでしょう。
中には戦争まで起こっていたわけですから。。。。
「歴史があるから」とか「老舗だから」とかお言葉を
頂戴することがございますが、老舗なんておこがましく、、。
安泰なんて事は微塵もなく。。
間違いなくここにあるのは、先祖が積み重ねてくださった「氣」と
長年商いを続けてこれたという「信用」が少しはあるだけです。

それを乱さないよう失わぬよう。
丹後の風光明媚な環境の中で、そこから生まれる食材を
風土とともに召し上がっていただき、
日常から離れたひと時をお過ごしいただく事で、
お客様にお喜びいただければ、それが私たちの喜びであり活力です。

明日から115年目。
新たな気持ちで励んでまいります。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/

ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

願いは叶う!

2021.7.11 日記 

今年も万助楼の七夕飾りには、ご宿泊のお客様をはじめ、
毎年恒例のインスタグラムやフェイスブック、
メールなどで全国から多くのお願い事をお寄せいただき、
多くのお願い事を万助楼の七夕飾りにしたためて頂きました。

お焚き上げをせねばとチャンスを狙っておりましたが、
雨が続き、ようやく晴れがやって参りましたので、
チャンス到来との事で張り切ってお焚き上げいたしました。

短冊を燃やし、お願い事が煙となり、天の神様に届きます。

 

焼け残った灰は、海に撒き、海の神様に届けました。

皆様の願いはしっかり神様に届けました!
念じれば必ず願いは叶う!!!

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/

ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

七夕

2021.7.6 日記 

またこの季節がやって参りました。
日本の五節句の一つ七夕です。

短冊に願いを印し、願う。
一年の半分のスタートに最適ですね!

当館でも毎年七夕飾りをホールに飾り、
お客様にもお願い事を書いていただいております。

ちなみに毎年恒例ですが、亀の折り紙がいくつか飾ってあり、
その数をフロントで伝えていただければ気持ちばかりのプレゼントを
お渡しさせていただいております(^^)

数えていると、あれ、さっきもこれ数えてな。。
あれ、さっきと数が違う。。
なんて現象に練りますよね(笑)

フェイスブックなどでもお願い事は募集致しており、
代筆させていただいておりますので、
メールでもお願い事をお寄せいただければ、
しっかり短冊に記させていただきます~~!

もちろんお願い事が書かれた短冊は
お焚き上げをさせていただきます。
煙は天に、灰は梅へ。

蒸し暑い日が続きます。
笹の葉飾りに涼を感じ、
夏バテしないよう、無病息災を願いましょう。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/

ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

笹の葉仕込み

2021.7.4 日記 

今日のブログは前回のブログの最後の方と少し繋がっております。
お時間がございましたらそちらもご覧くださいませ。

前回のブログ「この季節の仕込みの事」ご覧ください(^^)
https://www.mansukero.com/blog/?p=8986

蒸し蒸しとする気候ですが、山に入りクマザサを探します。
クマザサは熊が食べるから!と、お思いでしょうが、
葉の左右が茶色く隈のようになるのでクマササ(隈笹)と呼びます。

クマザサを形の綺麗な物を取り、大きさに分けていきます。

大きさごとに束ね、調理場へGO!!

銅鍋で笹を焚いていきます。
青梅と同じように一度色が変色しますが、
ある物を加えておりますと、また元通りに(^^)/

皆さんが笹巻き寿司や粽など
笹の香りを連想されると思いますが、
あの香りはこの工程を踏まえる事で初めて発生する香りなんです。

笹巻き寿司はもちろんの事、お弁当の仕切りに使ったり、

お料理の式場などに活躍してくれます~~!

今回は笹の事を書きました。
本来は笹の葉飾りと言いますが、
七日の為に竹を切ってきたのでその事をご紹介します(^^)

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/

ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

「丹後とり貝プラン」一時停止のご報告

2021.4.24 日記 

4月14日に解禁した丹後とり貝!
前回のブログでご紹介し、当館もプラン販売を始めたところではございますが、
京都府漁連からの報告で「販売一時停止」となりました。
理由はとり貝の生育が思ったより遅く、注文分に供給しきれない。
と、聞きました。販売開始は未定でございます。

当館ですでにご予約を頂戴しているとり貝は、
確保してございますのでご安心くださいませ。

カニもそうですが、自然相手、生き物相手の事でございます。
冷凍しない限り安定供給はあり得ないと思っております。

また、販売開始になりましたら再度プラン公開致します。
「丹後とり貝プラン」をご検討なさっておられたお客様、
についましては、大変ご迷惑をおかけいたします。

また、販売開始致しましたら、
ご報告させていただきます。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/

ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

とり貝が解禁!!!

2021.4.20 日記 

丹後のとり貝が解禁になりましたので、
そのご報告でございます!!

丹後とり貝で名が知れ出し、テレビでも
取り上げられる事も増えてきました。
私も料理屋に食事のお勉強に伺った際も
「丹後のとり貝大きくて美味しいですよね!」と、
よく聞くようになりました。

お客様とお話している中で、とり貝のお話にとり貝って「いつまでも噛み噛みしてて、
ゴクンと、丸呑み。。。。」そんなイメ―ジをお持ちの方も多くいらっしゃいます。

しか-し!!
そんな噛み切りにくい、や固いといったイメ―ジはどこかへ!
「今までのとり貝は何だったんだ。。。。」
そんな印象になる事間違いないです。
活きたとり貝を調理するのでザクザク噛みきれますし、
旨みがグイグイ主張してまいります!(^^)!

 

そして活とり貝だからこその肝!!!これがまた絶品なんです。
丹後のとり貝は販売開始と終了が毎年唐突で
短い年は2週間ほどで終了してしまうこともあります。
今年は販売開始が4月15日!とびっきり早いです。

 

あわてて当館もとり貝のプランを販売開始致しました。

【期間限定】丹後の大きなとり貝を!「活とり貝を堪能プラン」
https://www.yado-sagashi.net/yoyaku/plan/plcal.jsp?y=61212495887079&p=94&pe=2&in=2021/04/23&cmfrm=0

【期間限定】丹後の大きなとり貝を!「活とり貝を堪能プラン・活アワビ付」
https://www.yado-sagashi.net/yoyaku/plan/plcal.jsp?y=61212495887079&p=121&pe=2&in=2021/04/23&cmfrm=0

とり貝のご提供期間として6月5日を期限と致しましたが、
自然相手、生き物相手の事でもございます。
延長する場合もありますが、急遽販売打ち切りになる事もございます。
その場合はプラン変更かキャンセルのご相談のご連絡をさせて頂きます。

丹後の歯切れの良い大きな美味しい活とり貝を
是非お召し上がりいただければと思います。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/

ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

アクは抜かずに止めます。

2021.4.12 日記 

山菜とりに明け暮れている毎日ですが、
山菜取りに毎年ライバルが現れます。
まぁライバルと言いましても相手さんは、
そんな事思っていないわけで、、、。
こちらが一方的にそう思っているだけで、、、。

その相手はイノシシです。。
奴らは凄い!!!土の中のタケノコを
見つけて食い荒らしています。
竹林は至る所にイノシシがこり返した跡が・・・。
彼らに敵うはずもないので、四足歩行の
彼らが行動しにくそうな所を重点的に探します。

よーく目を凝らし探しますと~~~~!!!!
はい!見つけました(^O^)

どうです、お天道様にも見つからないよう、
落ち葉の帽子を被っています!(^^)!

そしてこんなところから、、、。

そして、この一本目を掘り上げたとき、
スマートフォンのアラームを60分にセットします。

希望の本数に満たなかったとしても、
そこで切り上げ戻る事に決めております。
アラームが鳴るか、予定数量に達するかで、
調理場に戻りタケノコに火入れします。

なぜそうするのかというと、
タケノコは成長すると、ホモゲンチジン酸という
成分が形成されそれが時間経過によってエグ味に
変わるエグ味が多く出る前にその成分を加熱し破壊する。
と、言う考えのもと、一本目が掘れてから
60分のアラームをセットするという事でございます。
ちなみにタケノコは穂先にエグ味が多くイノシシは食べ残しております。
人間は穂先が柔らかくて良い!と一般的に評価しますが、
実は灰汁の発生しやすい場所なんですよ!

思った用を確保できたのでアラームが
鳴るまえに帰りました(^○^)

そして蒸し器で加熱し、アクの発生を最小限で止めます。
数年前からこの方法で下処理を行っておりますが、
米糠を使わなかったらタケノコの本来の香りを
楽しむ事が出来ます。と、言うのは
どうしても米糠の香りがタケノコに移ってしまうんです。
知ってしまうとその差はよくわかるようになります。

そしてもう一つ。
当館ではタケノコの皮からタケノコの風味をダシに移し、
それを使ってタケノコを調理しております。

タケノコの美味しい季節まっただ中!
魚介も野菜も山菜も、鮮度が大切なのであります!(^^)!
丹後へどうぞお越しくださいませ。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/

ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

超プライベートな場所

2021.3.18 日記 

 

当館から車で10分、そこから歩いて10分の所に
超ローカルな浜があります。
そこではなんと、化石を見つける事が出来たり、
綺麗な緑色の石(海緑石)を拾うことが出来ます。

道中も綺麗な海が眺められます~~~!

誰もいないプライベートビーチ!!!

時化の後は、海の下に沈んでいる化石が波にもまれ、
岩に当たり、砂浜に打ち上げられてます。

すべて木化石。
結構ずっしり重いです。

今度は綺麗な海緑石を探します!
これは箸置きご利用いただきます~~(^O^)

変わった石でしょ!

この石はすっごく不機嫌な(笑)

そして、子供の頃に必死になってた遊びに、
没頭してしまいました。

木化石は当館の玄関のパブリックスペースに
置いてありますので、手にとってご覧くださいませ。
今日は、丹後の時空の経過を感じる自然を
ご紹介いたしました。

次回のブログは丹後に春が来たのでご紹介いたします(^O^)

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/

ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

産地見学へ!の巻

2021.2.27 日記 

今月の頭に料理仲間と一緒に兵庫県の但馬は日高町へ
生産者さんの所へ産地見学に行ってきました。
兵庫県は隣の県になりますが、車で40分走れば
兵庫県に入る距離に丹後は位置しております。

向う生産者は山葵を育てていらっしゃる「北村わさび」さんと
すぐ近くでニジマスを完全養殖してらっしゃる「神鍋養鱒場」さんへ!

その日は大雪警報が兵庫県に発令致しておりましたが、
雪道の運転は苦手ではないので予定通り向かいました。
出発すぐにホワイトアウト状態でしたが、
都会を運転するより100倍楽です(笑)

兵庫県の山の奥に行くので
せっかくですからお蕎麦食べていこうと
「わらく」さんへ伺いました。

すっごい雪でしょ!
なんたって神鍋高原!スキー場のあるところです(^^)

普段は海ばかり見ているので、
山の景色を楽しみつつ鴨そばを頂きました。
冷たいお蕎麦はコシがあり、御汁に浸すと
温まったお蕎麦が変身!もっちりに近い弾力が出て、
蕎麦の香りも豊かに。美味しかったです!!

体も温まりいざ北村わさびさんへ。
自宅の裏にわさび園があり火山灰を通った水が湧き出ている
中で溶岩石を敷き詰めワサビを育ててらっしゃいました。
予想通りですが雪一面ですが(笑)

代々300年ワサビの生産をなさってらっしゃるとのこと。
昔は多くのワサビ農園があったそうですが、
今では北村さんだけです。
その後は徒歩でマスの見学をさせてお頂くため
神鍋養鱒場の田村さんの所へ。
普段海の魚ばかりですので魚の養殖方法や
餌の事など色々お話を聞かせて頂きました。

何はともあれ食べてみなければ!と言うことで
一本送って頂きました。

鮮度はもちろん文句なしです。
せっかくの鮮度ですし、
北村わさびさんの所と同じ水で育ったニジマスなので、
お造りにて共演です。
川魚特有の香りもなくもっちりとした身質にお醤油の餡を掛けて。
白く降らせた雪は雪景色だった但馬の景色をイメージして!(^^)!

目の前が海なので、海の魚をメインでお出ししていく
予定ですが、こんな素晴らしい生産者さんとこだわりの
マスを楽しんで頂きたい思いもございます。
ひとまずいろいろ調理してニジマスのお料理を
考えたいと思います!!

頭や中骨などで御飯を炊いて賄いで(^O^)
山椒振り掛け何倍食べたことか。。。。。

また、今後は鴨を育てていらっしゃる所へ
産地見学へ行く予定です(^O^)
丹後但馬このエリアは美味しいものでいっぱいです!

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/

ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

Pagetop