京都丹後・網野の竜宮城 丹後旅の宿 万助楼

Blog
若大将ブログ!「丹後は魅力の玉手箱」

とり貝が解禁!!!

2021.4.20 日記 

丹後のとり貝が解禁になりましたので、
そのご報告でございます!!

丹後とり貝で名が知れ出し、テレビでも
取り上げられる事も増えてきました。
私も料理屋に食事のお勉強に伺った際も
「丹後のとり貝大きくて美味しいですよね!」と、
よく聞くようになりました。

お客様とお話している中で、とり貝のお話にとり貝って「いつまでも噛み噛みしてて、
ゴクンと、丸呑み。。。。」そんなイメ―ジをお持ちの方も多くいらっしゃいます。

しか-し!!
そんな噛み切りにくい、や固いといったイメ―ジはどこかへ!
「今までのとり貝は何だったんだ。。。。」
そんな印象になる事間違いないです。
活きたとり貝を調理するのでザクザク噛みきれますし、
旨みがグイグイ主張してまいります!(^^)!

 

そして活とり貝だからこその肝!!!これがまた絶品なんです。
丹後のとり貝は販売開始と終了が毎年唐突で
短い年は2週間ほどで終了してしまうこともあります。
今年は販売開始が4月15日!とびっきり早いです。

 

あわてて当館もとり貝のプランを販売開始致しました。

【期間限定】丹後の大きなとり貝を!「活とり貝を堪能プラン」
https://www.yado-sagashi.net/yoyaku/plan/plcal.jsp?y=61212495887079&p=94&pe=2&in=2021/04/23&cmfrm=0

【期間限定】丹後の大きなとり貝を!「活とり貝を堪能プラン・活アワビ付」
https://www.yado-sagashi.net/yoyaku/plan/plcal.jsp?y=61212495887079&p=121&pe=2&in=2021/04/23&cmfrm=0

とり貝のご提供期間として6月5日を期限と致しましたが、
自然相手、生き物相手の事でもございます。
延長する場合もありますが、急遽販売打ち切りになる事もございます。
その場合はプラン変更かキャンセルのご相談のご連絡をさせて頂きます。

丹後の歯切れの良い大きな美味しい活とり貝を
是非お召し上がりいただければと思います。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/

ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

Pagetop