京都丹後・網野の竜宮城 丹後旅の宿 万助楼

Blog
若大将ブログ!「丹後は魅力の玉手箱」

山菜掲載満載これ万歳

2020.4.30 日記 

当館もご宿泊や宴席や会食などのサービスを休業し、
早1ヶ月が過ぎそうとしております。
地元のお客様対象とした仕出しをご注文いただき、
お弁当の食材探しに、バタバタと致しております。
今日は丹後の里山の食材をご紹介したいと思います!

「アマドコロ」

地面から真っ直ぐ上に伸びてきた所を、抜くように採取します!
名前から察しがつくように甘みがあります!

「浜防風」

砂浜にあるのですが、ほんとに貴重なんです!ですので
採取は1つの株から脇芽を取るように収穫します。
軸は刻んで酢の物などに使い、葉は、天ぷらにします!

「筍」

もはや説明不要ですね(笑)
では、筍どーこだ!

「セリと三つ葉」

この二つの植物は共に水耕栽培の物がスーパーに並びます。
自生の物は大きく成長して茎も太いです!しかし、
その茎が美味しいんですよー!三つ葉やセリの美味しさは
茎にあると思います。

「ウルイ」

ウルイは何故か急斜面の上の方に芽吹いているんです。。
収穫はいつも斜面をよじ登っております!
茹でて食べると少しヌメリとシャキシャキとした
歯触りが感じられるおいしい山菜です~~(^O^)
灰汁が無いので鍋でもお勧め!!

「コゴミ」

屈んでいるように見えるので
その名がついたと聞いたことがあります!
揚げてもお浸しでもおいしいですね~~!

「カキドオシ」

垣根を通り越して伸びていく様子から、
この名がついたようです!
独特の香りは天ぷらがいいですね!
今の時期は花も一緒に収穫できます。

「ワラビ」

近年はシカがパクパクと食べるようになって、
シカが来ない急斜面で収穫しております(笑)
叩きワラビをお造りと食べるのが好きです!

「木の芽」

柔らかな木の芽を摘んでいると
良い香りが漂ってきます!
花も実も重宝する食材です。

「タチツボスミレ」

きれいな紫の花が料理を
パッと明るくしてくれます(^^)

次回のブログはこの食材たちを使った
仕出しのお弁当をご紹介したいと思います(^^)/

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/

ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

Pagetop