京都丹後・網野の竜宮城 丹後旅の宿 万助楼

Blog
若大将ブログ!「丹後は魅力の玉手箱」

僕らの順番が来た!!!

2019.8.2 日記 

以前ブログでもお伝えしておりました、
「水無月祭」が7月30日に行われました!!

当館近くの日吉神社内にある水無月様を神輿に乗せ、
地元を歩き海に入る3時間の大巡行です。
面白いのがこのお祭り、地元の人たちは
「かわっそ祭」と呼びます。

この地域は目の前が海に面しております。
近くに漁港があり、そこへ流れ込む福田川があります。
その脇にある小さな丘を川裾山と呼び、
たたずむ祠は嶋児神社!
浦島太郎が祭ってあります

この地は河口すなわち下流。
その昔の遥か昔は上流から生活排水が
思いっきり流れ込んでおりました。
汚水、ゴミに混じった中には不浄の物、
穢れた物も流れたきたそうです。
それを払い清め、安全に生活が出来るよう。
魚が沢山獲れるようにと、7月30日には
御祓いの神様、水無月様を神輿に乗せ海に立てた祠を
三度回り神輿を持ち上げます!!!!!!

この日、地元民は海水浴はダメ!漁師も休み!
このルールは今も残っているんですよ!!!!!

その後、川裾山の横に神輿は一晩鎮座します。
川裾の行事なので、地域の人は
「川裾祭」→「かわっそ祭」と呼ぶわけです。
250年もの歴史があるんです!!!!!!

このお祭りは氏子の男衆が神輿連となり神輿を担ぎます。
その中で事前準備や神輿を囲み主軸となるのが数え年の42才!
即ち厄年でございます。実は私がその年代!しかも
その中の代表をさせて頂きました。
当館をぐるりと囲露店。目の前に鎮座する神輿。
代々この地で商売をさせて頂いている以上、
私がせねばならぬ!きっとご先祖も喜んでくれる!
そのように決心した次第でございます。

私の役目は神輿を先導する役目です。
大きな声で巡行の掛け声「ジョーサージャー!!」
と絶叫しながら神輿に指示を出していきます。
町内を2時間歩き海へ向かうのですが、
思ってもみなかった出来事が!!!
途中で声がカッスカスになってしまいました(笑)
それでも振り絞り怒鳴る如く声を振り絞りました!

海に到着しいよいよ海上渡御!
クライマックスでございます!!!

亀神輿!浦島太郎と乙姫様も(^^)

同年みんなで力を合わせ数か月前から

仕事終わりに集まり、話し合いに話し合いを
重ねて参りました。

子どもの頃、御神輿巡行をドキドキしながら
から見ていた事を思いだし、そこに子供の自分が
私を見ているようなそんな変な感覚にもなりました。

一生一度の軸となり、地元の歴史の一コマとなれた事に
喜びを噛みしめております。

その日の御宿泊は玉手箱弁当の
特別プランでご用意させて頂いておりましたので
仕事も早く終わり、屋上でゆっくり日が暮れ
花火が上がるのを眺めていました。

喉も天龍源一郎さんのようになりましたが
あと二日もすればハウンドドックの
歌が良い感じに歌えると思います(笑)

来年は一個の年代の巡行を横でサポートする番です!
是非このお祭りをご覧になって頂きたいです!!

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/

ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

Pagetop