京都丹後・網野の竜宮城 丹後旅の宿 万助楼

Blog
若大将ブログ!「丹後は魅力の玉手箱」

今度は逆にね!!!

2019.5.24 日記 

昨年10月に京丹後市の事業で世界一の美食の町と言われる

スペインのバスク地方サンセバスチャンに行き、
料理学会に参加したり三つ星レストランやバル巡りをしたりと、
超絶に濃厚な三日間を過ごさせていただきました。
長いですがお時間あればその時のブログをご覧ください!!!
過去ブログ
スペイン1日目
https://www.mansukero.com/blog/?p=7656

スペイン2日目
https://www.mansukero.com/blog/?p=7710

スペイン3日目
https://www.mansukero.com/blog/?p=7768

個人的にスペインに行っても出来ないような
経験をさせていただきました。
行政の方が段取りしてくれた事はもちろんですが、
スペイン在住の超敏腕コーディネーターの山口純子さんの
素晴らしいコーディネートあっての事!!

一個人の旅では、絶対的に体験できないプランニングを
立てて下さった山口純子さん!感謝の気持ちいっぱいでした。
日本へ帰ってくる時もみんなで「今度は純子さんに丹後に
来ていただきたいね!」とほんとに思っていたんですが、
この度、純子さんが関西に来られると聞き、
市の職員さんが連絡を取ってくれたところ丹後に来て下さいました!!!!

今度は私たちが丹後を案内する番です。丹後の魅力を感じていただくべく、
2日間の工程にわけ、メンバーそれぞれのお店はもちろんお立ち寄りいただき、
丹後の海や農園やレストランなどご案内いしました。

1日目の15時頃からは市の借りている「リコ・ラボ」と言う施設で
持ち込んだ材料は、ご案内途中で購入した野菜や道中のや山野草。
魚介は岩ガキ、トリガイ、ノドグロ、小鯛、等など。

岩ガキは低温調理で温度帯を変えた火入れを実験的に
やったメンバーもいれば、トリガイを余すと来なく
使いきる仕立てに仕上げるメンバーもいました。
私はのど黒で潮汁と小鯛と自生ミツバの御飯を焚きました。

今回は隣の地域から飯尾醸酢の5代目の飯尾さんや
レストラン・クッチーニ」の岩西シェフも参加で、
飯尾さんは酢飯を用意して下さったり岩西シェフは
手打ちパスタを作ってくださいました!

私は仕事の都合で、このリコ・ラボからの合流でした。。。

美味しい料理と楽しい会話と純子さんとの久しぶりの再会に
とても素敵な時間を共有できました!!
皆と料理するのはほんとに楽しいです(^^)
翌日のお昼は当館にお越しいただき郷土寿司である
丹後バラ寿司を召し上がっていただきました。

スペインで学んだことの発表会の映像をご覧いただいたりして
成果をご覧いただけた事が、スペインでお世話していただいた事の
恩返しになった事と思います!!と言う事でございます!!

サンセバスチャンに行った事が今も尚色々な取り組みにつながって
おりますので、また報告していきたいと思います。

あ、次回のブログはあの超有名歌手のあの方が丹後へそして万助楼へ
お越しいただいたのでその事についてお知らせします~~~~!!

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/

ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

Pagetop