京都丹後・網野の竜宮城 丹後旅の宿 万助楼

Blog
若大将ブログ!「丹後は魅力の玉手箱」

すべき事とやってみたかった事

2019.1.11 日記 

年も明け、早いもので10日過ぎ、
10日ゑびすのお参りも祖父の役目から
父の役目に変わり、早朝お参りに行っていたようです。

こういった習わしは大切にせねばなりませんね(^^)
また、旅館というお仕事ですので
食文化を大切にしていく役目があると思います。
7日の「人日」は七草粥をご朝食にお出しいたしました。

セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ
ちなみに春の七草で言うホトケノザは本来コオニタビラコと言います!

七草粥のやさしい味は、お正月明けの体にも
心にもホッと一息染み渡っていきますね(^^)

次は15日の小正月に小豆粥を食べる習慣がございますよ~!
もちろんご朝食でお出しいたしますのでお楽しみに(^O^)

寒い朝に鍋から立ち昇る湯気。
鍋の蓋を開けると粥の香りが立ち昇ります。
粥の柔らかな香りから想像できる美味しさに
日本人である喜びを感じますよね(^O^)

やはり寒い季節は寒い方が良いです!
海の中でも同じなんですよ。
今年12月中旬まで暖かったので
鰤の脂の乗りを含めた身質が悪かったです。。。

ようやく良く肥えた寒鰤と呼べるものが
入りだしました!!!

お腹もパンパンです(^O^)

大きな魚を水洗いすると、魚から出てくる血の量も多く、
生々しい色もしております。
修行時代に先輩がその地を手にたっぷり付けて、
「切ってもうた。。。。。。。。。。」と、
驚かされた事があります(笑)

今でもこのような大きな魚を捌いた時
ちょっとマネをしたくなってしまったりします(笑)
丹後ではタルイカと呼ぶ大きな大きなイカが水揚げされ、
そのイカを捌いた時、お面のようにして遊んでみたく
なるんです。しかし、もうそんな事をして遊ぶ年では
無いですし、周りからは「何を馬鹿げた事を!」と、
思われますでしょうし、ひょっとしたらお叱りを受けかねません!

でも、思い切ってやっちゃいました(笑)

パイレーツ・オブ・カリビアンを
見た時にやってみたくなっていたので!

もちろん顔にはイカ特有のヌメヌメが
べったり付いております。。。
顔を洗うのに食器用洗剤しか無く、
それを使って洗い落とす時、
何とも言えないみじめさが。。。。

午後からは顔の油分を取られているため、
パキパキの皮膚に「アホなことはすまい。。」
と反省したのは言うまでもありません。。。

皆さま。大きなイカがあっても、
顔に当てる事は控えてくださいね(笑)

 

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/

ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

Pagetop