京都丹後・網野の竜宮城 丹後旅の宿 万助楼

Blog
若大将ブログ!「丹後は魅力の玉手箱」

ワラビ。

2009.5.7 日記 

5月になり花粉症の症状もほとんど無くなり、
のひのびとしております。と言うことで、
先々週、ワラビを摘みに行って来ました。

天気も良好、海からの風も心地よく、
ワラビ日和です。

目的地の手前の土が、何故か耕されたようにボコボコ!
しかし、私は長靴なのでグイグイ行きます。

いつものワラビポイントに到着したのですが、
ワラビが無いのです!
全く無いと言うわけではなく、
大きく成長して葉が開いているのは見えるのですが、
新芽の状態の物が、例年に比べてとても少ないです。

一生懸命探しながら摘んでいると、
新芽の所だけ無いワラビが沢山あったんです。
誰かが摘んで言ったのかな?とも、思いましたが、
普通は根元の方からカマで刈るか、手でポキンと折るか。

手でも綺麗に折れるのですが、
それにしても不自然な切り口なんです。

そんな事を思いながら少ない新芽を摘んでいたら、
ワラビ荒しの犯人が頭に浮かんできました。
猪か鹿です!
先っちょだけ無くなってますから、新芽だけ食べるのでしょう。

鹿か猪の分を残し下山です。
下り始めてすぐ、大発見!
上から二枚目の写真ですが、
無数の鹿の足跡でした。

と言う事は、ワラビ荒しは鹿なのでしょうね。
鹿にしてみれば、私がワラビ荒しなのでしょうけど……。

 ワラビはアクが非常に強く、
しっかりアク抜きをしないワラビを沢山食べると、
中毒を起します。
鹿は大丈夫なのでしょうか・・・・・?

鹿の心配が出来るのも、
花粉症がほとんど治まった余裕ですかね?

アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

Pagetop