お料理

網野町・浅茂川漁港は万助楼の台所です!
鮮度抜群の魚介類を水揚げされすぐ仕入れ調理するので鮮度には絶対の自信が有ります!

ご挨拶



地元海の幸・季節の食材

春 夏 秋 冬

鰆・さわら
鰆・さわら

京都府は鰆の漁獲量が日本一!一年を通しておいしい鰆が水揚げされ、2.5キロ以上の物が脂もあり味噌との相性が良い。
身が柔らかく鮮度が落ちやすいため、お造りでおいしく食べられる時間は短い。冬に水揚げされた寒鰆は特に最高。


鯛・たい
鯛・たい

桜の咲く頃、産卵を控え脂の乗った鯛は、体をピンクに染め桜鯛として旬を迎える。
奇麗な白身でどのような調理法にもむく。又、腹に持った子がとても美味しく味わい深い。まさに魚の王様。


小麦・こむぎ(ウスメバル)
小麦・こむぎ(ウスメバル)

春先に脂を蓄へ、お造りで食せば奥深い旨味とほのかな磯の香り。空揚げもおいしいが、何と言っても煮付けが最高です!


細魚・さより
細魚・さより

3月ごろに産卵のため藻場に集まる頃、旬を迎える。淡白で上品なこの魚は鮮度が落ちやすく、海辺ならではの味わい。


油目・あぶらめ
油目・あぶらめ

晩春から初夏にかけて旬を迎える。綺麗な白身で脂も良くのっており磯臭さもない。
骨切りし、塩焼きや空揚げ美味しいが、鮮度抜群ならお造りが美味。


・鮑・あわび
鮑・あわび

造りで食せばコリコリした歯ごたえと程よい磯の香り、火を通せば繊細で奥深い旨味!
海草が豊富な当館前で獲れるクロアワビは、まさに貝の王様。


栄螺・さざえ
栄螺・さざえ

身がコリコリと歯ごたえ良く、磯の風味が満点の造りも良いが、壺焼きが格別、肝の苦味が通好み。海辺ならではの磯料理。


神馬・ジンバ
神馬・ジンバ

神に支える馬の尾に見える事から神馬草と名の付くめでたい海藻。子孫繁栄の縁起物として正月飾りや婚礼には用いられる。
口に入れるとプチプチとした食感と磯の香りがほのかに香る。地元ならではの素朴な料理。


アラメ
アラメ

細かく刻んで熱々の味噌汁を注ぐと出てくる「とろみ」が特徴。一度口にすれば食感と舌触りが癖になる。まだ肌寒い春の朝、一杯すすれば温まります。


岩牡蠣・いわがき
岩牡蠣・いわがき

丹後の岩牡蠣は良く身が太り、非常に濃厚でクリーミー!良質の植物性プランクトンが豊富な海がもたらす夏の味覚!


飛魚・トビウオ
飛魚・トビウオ

日本海を北上する5月下旬から初夏が漁期。脂肪分が少なく味は淡白だがコクがある。お造りも良いが空揚げが美味。


鳥貝・とりがい
鳥貝・とりがい

「大きさ」「肉厚」「味覚」三拍子そろった丹後の鳥貝は日本一!噛むほどに旨味がにじみ出る美味しさは正に絶品!


鮑・あわび
鮑・あわび

造りで食せばコリコリした歯ごたえと程よい磯の香り、火を通せば繊細で奥深い旨味!
海草が豊富な当館前で獲れるクロアワビは、まさに貝の王様。


栄螺・さざえ
栄螺・さざえ

身がコリコリと歯ごたえ良く、磯の風味が満点の造りも良いが、壺焼きが格別、肝の苦味が通好み。海辺ならではの磯料理。

海胆・うに

海胆の漁期は7月下旬から8月下旬までの期間限定食材! 海藻豊かな当館前の海で獲れた赤ウニは身が肥え豊かな香りと濃厚な旨み!
獲れたての生ウニを是非どうぞ。

穴子・あなご

穴子は白身で脂が多く、この脂肪分が穴子特有の味わいを生む。活け締めの穴子は煮ても焼いても旨いが、骨切りして、サッと湯引きし山葵塩が格別。

鱸・すずき
鱸・すずき

出世魚で6月から9月にかけて美味しくなる。夏の魚の代表格で、大変おいしい白身の魚。洗いにしても塩焼きにしても格別のおいしさ。


鱚・きす
鱚・きす

当館まえの砂浜から投げ釣りで釣れる夏の魚、白身の魚であっさりし、舌触りも滑らかで、大きいものはお造りに、小さいものは天ぷらに。


鯖・さば
鯖・さば

脂の乗る初秋から晩冬のおいしさは素晴らしい。「鯖の生き腐れ」と言う言葉があるように、鮮度低下が早いため、本場でないとお造りでは食せない。
一度食べると生鯖の虜になる人多し!


皮ハギ

綺麗な白身で良く締り癖はない。薄造りや鍋に向く。綺麗で大きな肝を持ちねっとりと舌触りと風味の良さが好まれる。

煽烏賊・あおりいか
煽烏賊・あおりいか

晩夏から初秋に旬を迎える。肉厚の身は噛めば噛むほどほど口いっぱいに広がる旨味。秋の造りには外せない。


のどぐろ
のどぐろ

白身のトロと言っても過言ではない。都会ではほとんど口に出来ない高級魚!とろける美味しさを、ご賞味あれ。


甘鯛・あまだい
甘鯛・あまだい

丹後半島沖で獲れる甘鯛は、秋から冬にかけ美味しい時を迎える。一塩すれば身が引き締まり、より旨味がでます。

ぎす

脂に風味を持ち、天ぷらや煮付けも良いが、素焼きにして生姜醤油で食べるのも、美味。すり身にしても美味しい「つみれ」がいただける。

はたはた
はたはた

底曳船で秋から春にかけて水揚げされる。脂が乗り味わい深い魚である。一夜干しか煮付けに向く。


はと
はと

「はと」とは丹後の呼び名で、一般的に「ソイ」と呼ばれる。お造りで食べると味わい深い!煮付けにしても身がシコシコとこれまた絶品。

鮃・ひらめ

一年通して水揚げされるが秋から冬に向け寒くなると脂を蓄え「寒平目」として重宝される。
新鮮な物は肝も美味しく、「えんがわ」は、脂の旨味と歯ごたえが良い。

松葉蟹
松葉蟹

浅茂川漁港で水揚げされる松葉ガニは、経ヶ岬沖での日帰り漁で鮮度抜群!これ以上の漁法無し!
口に入れると繊維一本一本から弾力があり、噛むと出てくる旨味は非常に繊細!
生、焼、蒸、揚、茹、それぞれの調理法にそれぞれの味を出す所に、「冬の味覚の王様」の由縁あり。


鰤・ぶり
鰤・ぶり

丸々と太った10キロほどの鰤が浅茂川漁港に並ぶ。背より腹、尾より頭、に脂を持ち、「寒鰤」と呼ばれる最高においしい時期を迎える。
口に入れるとマッタリとした味わいは絶品。


鰆・さわら
鰆・さわら

京都府は鰆の漁獲量が日本一!一年を通しておいしい鰆が水揚げされ、2.5キロ以上の物が脂もあり味噌との相性が良い。
身が柔らかく鮮度が落ちやすいため、お造りでおいしく食べられる時間は短い。冬に水揚げされた寒鰆は特に最高。

海鼠・なまこ

赤ナマコと青ナマコがあり赤ナマコの方が肉厚で味が良い。温かいほうじ茶に一晩漬けると独特の食感が癖になる。
磯の香豊かな一品。内臓を塩漬けした「このわた」は日本の三大珍味の一つ。

しび
しび

一般的に言うホンマグロ!この時期は10キロクラスが良く水揚げされる。脂乗りも最高で、腹の部分は正しく大トロ! 口に入れると、とろける旨さとはこの事!


牡蠣
牡蠣・かき

「海のミルク」に例えられるほどの、濃厚な味わいと滋養の高さで(牡蠣) 知られる牡蠣。丹後の牡蠣は特に濃厚!
美味しい牡蠣は山が育てると言いますが、丹後の牡蠣は山から流れ込む、植物性プランクトンが豊富。


地元山の幸

お飲物

Copyright © 2010 mansukero All Rights Reserved. Designed by TrattoBrain.