若大将ブログ!「丹後は魅力の玉手箱」

ここの節分

2017年2月4日  丹後旅の宿 万助楼  日記 

節分は柊とイワシを玄関に飾りました!
玄関先に据えた後、私自身が、
宿に戻れなかったらどうしようと、
一瞬不安がよぎりました(笑)

豆まきに以外に、もいつの頃からか恵方巻き!
と言う物も、行事の楽しい一つに加わりました。

毎年変わる方角を見て巻寿司を一本、
無言で食べきる!と言う物です。
そんな節分行事ですが、当館のある
京丹後市網野町浅茂川の浅茂川地区だけに
伝わる伝統行事があります。

節分太鼓と呼ばれ、この日のために練習してきた、
数え年の36歳が、42歳、61歳の家を周り
太鼓を叩き、厄を払うと言う行事です。

この日は何があってもどんな天候でも36歳の者だけ
がバチを握り叩きます。過去に大雪警報で
膝上まで雪が積もった年も太鼓を担ぎ、
家々を叩いて回った年もありました。

当館で61歳の方々が集まり食事をされ、
その後厄払いの祈祷に行かれました。
その時に太鼓を持って叩きに来られた様子です。

私も太鼓を叩いて回ったのが4年前!
もう4年たったのか!と、懐かしく思います。
その私たちが叩いた太鼓の映像をどうぞ!
私は髭坊主です。お探しください(笑)

 

こんな伝統行事が残る町を誇りに思います!

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/
ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

「大人の味」の話

2017年2月3日  丹後旅の宿 万助楼  日記 

先日のブログで少し触れましたが、
苦いと言う味覚は「大人の味!」と、言われます。
なぜ、大人の味なのでしょうか!!!!???

そもそも苦味は毒と判断します。ヨーグルト以上の酸味もそうです。
なので小さな子供は苦味、酸味とも拒否します。
ですが成長していき、酸味の学習をします。
「これは食べても良い酸っぱさだ!」とか、
「前回食べても異常は起きなかった食べ物だ!」など、
言葉も喋れないうちから、食べさせてもらいながら学習します。
しかし、そこに苦味がプラスされる
グレープフルーツは少しハードル高め(笑)

こんどは小学生になったころ山菜を食べた時の
あの苦さったらもう。。。。何が美味しいのかさっぱり。。。
そんな記憶は皆さまお持ちではないでしょうか??
その苦味も、コーヒー牛乳、お茶、ダークチョコレート。
などの苦味と美味しさを頭の中で結び付け、
「食べてもよし!」から「美味しい」と学習していきます。
サザエの壺焼き、ブラックコーヒー、ビール、
ゴーヤチャンプルなどなど、美味しいと思う苦味と、
なんど食べても嫌いな苦味が個人差によって違いますが、
調理法によって食べられたります。

ですので学習していき食べられるようになる味は「大人の味」と、
なる訳です(^O^)
ちなみに私、去年の夏からビールが美味しいと感じるようになりました。
山菜もコーヒーもゴーヤも好きでしたが、ビールがやっと!!!!!!
最近ひとつ大人になりました(笑)

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/
ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

冷が来ました。温も来てます。

2017年1月28日  丹後旅の宿 万助楼  日記 

先週の大寒波で日本中が冷え込み、
大雪の映像や雪の影響による交通機関の乱れがあり、
様々な被害が出ておりました。
ここ丹後でも車で15分走った所と、
当館のある沿岸部とでは雪の状況は全然違います!!!
強い風が吹くと雪は山側に積もり、沿岸部は雪が積もる暇なく、
潮風が消してくれます。なので一時的に路面が白くなった程度でした。
しか~~~~~~~~~~~し!!!!!!
風がすごいのなんの!!!!海の向こうから吹いてくる風が、
何の障害物も無く、一投、最初、一発目に当たってくれる物ですから、
宿の一部が破損したり室外機がなぎ倒されました(T_T)

台風ですね。。。参りました。。。。。
そんな大寒波の過ぎた後、嬉しい物を発見してきました(^O^)

フキノトウです!!!!
寒い寒い気候の中、土の中ではしっかり春の準備をしています!
「もう少ししたら暖かくなるんんだ!」そう感じさせてくれますね(^^)

ちなみに苦いフキノトウは大人の味って言いますよね!?
コーヒー、ビール、フキノトウなど苦味の強い山菜!
はじめて口にした時、「なにこれ・・・。」と思いますよね。
何故大人の味なんでしょうか!
・・・・・・・・。ちょっと長くなりそうなので、
これはまた次回のブログで!!!!!

大打撃の寒波の後、嬉しい春からのフキノトウ便りでした~~!(^^)

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/
ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村O^)

なので「夫婦プラン」と、なる訳です!

2017年1月24日  丹後旅の宿 万助楼  お料理 

今季のカニシーズン初めて作ったプラン「夫婦プラン」が
大人気でございます!!何が夫婦かと申しますと、
皆さまが良くご覧になられる大きな松葉ガニはすべてオスです。

そのカニを~~~~!
「お造り」

「焼きガニ」

「甲羅味噌」

「天ぷら」

「カニすき」

と言ったコースで召し上がっていただきます。

そしてメスのカニはコッペガニ!と丹後で呼びますが、
香箱ガニやセイコガニと他府県では呼んだりします!
オスに比べてとても小さいですが、オスには無い内子と外子ば、
最大の魅力です(^^)

オスとメスを一匹づつ召し上がっていただきますので、
「夫婦プラン」と名付けました!!!!!!

二月、三月は少し海の模様が落ち着いてくるので、
リーズナブルに味わっていただけると思い、
意を決して、プランを立ててみました。
ひょっとすると今季が最初で最後の伝説のプランになるかもしれません!!

タグの付いた活松葉ガニを初めて食べるにも最適です。
カニの食べ納めにも最適です!!

夫婦プランのご予約はこちら!!
「和室8畳」
http://www.yado-sagashi.jp/yoyaku/plan/plcal.jsp?y=61212495887079&p=82&pe=2&in=2017/02/01&cmfrm=0

 

是非是非最後のお雑炊まで楽しんでいただければと思います(^O^)

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/
ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

1月15日の行事

2017年1月19日  丹後旅の宿 万助楼  お料理, 日記 

1月1日元旦から7日後は七草粥。
そして1月15日は小正月です。ですので
外しておいた正月飾りや父や子供の描き初めを、どんど焼き(^^)

地域によって呼び方や日にちは違うようですが、
ここ丹後では1月15日です(^O^)

そしてもう一つ小豆粥です!!
中国から伝わる伝統行事で赤は邪気を払うとの事で、
小豆を用いて粥を作ります。当館でも朝食にお出しいたしました!

柔らかに焚いた小豆にごくごくわずかの砂糖を入れ、
粥を邪魔しない甘さを含ませます。
子供の頃は小豆粥を食べても「美味しい」とは、
思いませんでしたが、いつからかこういった滋味深い味が、
好みになってきますね(^^)

こういった伝統行事を大切にしていきます!!

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/
ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村願いいたします(^O^)

丹後クラフトビール

2017年1月12日  丹後旅の宿 万助楼  日記 

今日は当館のドリンクメニューに加わった、
クラフトビール(地ビール)のご紹介です。
京都府でクラフトビールを醸造しているのは5社だそうで、
その1社が丹後にもあります味わいはスッキリと軽い感じで飲みやすく、
アサヒ、キリン等、普段からお飲み頂いているビールもいいですが、
丹後にお越しいただいているので是非、丹後のクラフトビールを
楽しんでいただきたいと思います。丹後のクラフトビールは全7種類ありますが、
当館では3種類ご用意しており、1本330mlですので2名様でも
飲み比べていただけるとおもいます。
では、当館にある3種類をご紹介したいと思います。

「ピルスナー」

ピルスナー

ピルスナーは香り高いチェコのホップを使用!
苦みもやや控えめで香りとまろやかさが特徴のビールです。

「マイスター」

マイスター

マイスターの一番の特徴が、丹後産コシヒカリを副原料に使用していることです。
お米を使っていることから、米(マイ)スターとの事。
まろやかな味になっており、ぜひ「最初の1杯」として飲んで頂きたいです。

「ロンドンエール」

ロンドンエール

ロンドンエール味の特徴は爽やかな苦みとフルーティな香りで、爽やかな味です。
丹後の醸造者が、昔ビールの修行中に、ロンドンで飲んだペールエールのビールが非常に美味しく、英国産のエールを使用していることから、いつかあのロンドンで飲んだペールエールのビールの味を超えたいと思い、「ロンドンエール」と名付けたそうです。

クラフトビールでスタートした後は、日本酒はいかがでしょうか!!
新種の搾りたて、丹後へ来たからお飲み頂ける様なお酒を
数種ご用意してございます。クラフトビールを楽しんでいただいた後は
「今のオススメの冷酒はどれ?」と、お声掛けくださいませ。
私が、緊張の面持ちで日本酒抱えお部屋に上がらせていただきます(^^)
お待ち致しております( ^ ^ )/

 

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、
網野町で旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/

 
ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

年末、年始の様子を~~!

2017年1月7日  丹後旅の宿 万助楼  お料理 

明けましておめでとうございます。
2017年一発目のブログでございます。
今年も年末から慌ただしくさせていただきました!
餅花を皆で作る所からスタートです。

dsc_0773

何と言っても年末はおせち料理の仕込みに追われます。
おせち料理は縁起を担ぐため様々な食材一つ一つに大切な意味を持ちます。
その食材一つ一つしっかり手をかけ仕込んでいきます。

そこで今年は動画で仕込みの中の包丁を使う所をご紹介いたします。
梅は咲くと必ず実を結ぶ事から縁起物とされます。
その梅の花に人参を剥いていく「ねじり梅」

金柑(キンカン)は金冠の字を当て、宝物を表しています。
「金柑の甘露煮」は切り込みを入れ、種を取り出します。

菊の花は中国で仙人の住む所に咲くと言われ長寿を表します。
蕪を菊に見立てた「菊花蕪」

根菜類のクワイは芽が飛び出ている所から、今年良い芽が出ますように!
と、願いを込め、おせち料理に欠かせません。
そんなクワイを「松かさ」と「絵馬」に見立てて(^^)

31日は仕込んだ材料を詰め込み、ご注文を頂いている
お客様の所へお届けしたり!

2017年お重詰

ご宿泊のお客様のお夜食に
年越し蕎麦をお出しする為、丹後の蕎麦粉で蕎麦を打ったり。
こうして調理場の1年は終えて行きます(^^)

年越し蕎麦

そして三ヶ日はご朝食に1人用のお重をお出しいたします。
お屠蘇で始まり雑煮や食後のぜんざいなど。
そして今年は餅つきも楽しんでいただきました。
玄関でペッタンペッタン!

よいしょ~~!

お客様にも交代でペッタンペッタンしていただきました\(^o^)/

お客様も!

よいしょ~~!

今年も丹後の美味しさを楽しんで頂けるよう頑張っていきたいと思います。
学のない私のダラダラとした内容もお目だるかとは思いますが、
今年もどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/
ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

金柑の下処理!

2016年12月28日  丹後旅の宿 万助楼  お料理 

今日は高速調理シリーズです(^^)
最近頻繁に動画撮影いたしております(笑)

おせち料理の仕込みも剥き物に追われております。
包丁を使って細かい作業が多いので、一つ一つ、
しっかり作り込んでいくのが一つの特徴ですね!!

その中から金柑の甘露煮があります。
金柑を丸ごと焚く方法もありますが、
金柑は種が多いので、「口から種を出す。」
と言う行為はあまり美しくないので、取り除きます。
切れ目を入れ湯がいてから押しだす。という作業です。
切れ目が入った方が味も入りやすいので理にかなっていますね(^^)

ではどのような作業か百聞は一見にしかず!
ご覧くださいませ(^O^)

また日本料理の包丁の技と言いましょうか、
そのような物もアップしますのでお楽しみに~~!

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/
ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

当館にもサンタが来ました!!

2016年12月26日  丹後旅の宿 万助楼  日記 

24日はクリスマス・イヴ!
今年は土曜日という事もあり、
比較的若い方の御宿泊が多かったです。

お客様がご到着の時、「よし!何かしよう!」
と、いつもの如く思いつき、ご夕食に買い物へ!

買ってきたのは、チビサンタのカップです(笑)

ミニサンタ

この中にちょっとしたものを入れ、
25日のお布団上げの時、テーブルに
「カニ―クリスマス!」のメッセージカード
と共におかせて頂きました!!!
少し笑っていただけたら幸いです(^^)

カニ―クリスマス!

クリスマスにカニを食べに行くのもいいですよ~~!
皆さま来年のクリスマスはカニ―クリスマス!!でどうぞ(笑)

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/
ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村)

今度は細工を~~!

2016年12月18日  丹後旅の宿 万助楼  お料理 

高速調理シリーズ!其の②が出来上がりました~!
前回はお造りの動画でした。

今回は日本料理の技法の一つ蕪の細工を(^^)

ちなみに蕪の外の皮と昆布でダシを引き、
蕪を炊き上げます。

削った蕪と葉は、切り漬けにしてお出ししております。
万助農園の蕪は今、大活躍でございます(^^)

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/
ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Copyright © 2010 mansukero All Rights Reserved. Designed by TrattoBrain.