京都丹後・網野の竜宮城 丹後旅の宿 万助楼

Blog
若大将ブログ!「丹後は魅力の玉手箱」

願い事をどしどし!!

2018.6.23 日記 

今年に入ってもう半年を過ぎようとしております。

ほんと早いものですね。もう少しすると五節句の一つである
七月七日の「七夕」でございます。この七夕には三つの行事が
合体し今のような形になったと聞いたことがあります。

1つは、昔、棚機(たなばた)と言う織り機があり、
お盆を迎える前、禊ぎのため、織物を織り、棚に備えて、
豊作を願ったりしたそうです。

もう一つは有名な彦星と織姫のお話し!!
牛飼いと織女が一年一度、天の川を隔て。。。。
と言う、ロマンに満ち溢れたお話しは有名ですね(^.^)

最後の一つは中国の乞巧奠(こうきでん)という行事があり、
織姫星にあやかって織物や裁縫が
上達するよう祭壇に針を供え祈るそうです。
やがて織物だけでなく書道や芸事もお祈りするようになったとか!

そういった行事が宮中に伝わり、
里芋の葉に溜まった朝露を天の川の
滴とし、それで墨を溶かして梶の葉の裏に書道が上達するよう書き、
願ったとか!それが庶民にも伝わって、
梶の葉の代わりに短冊に願い事を書き、
笹竹に飾って、天の川を眺めるようになり
棚機が七夕と変わったそうです。
また、中国では木・火・土・金・水と言う五つの要素で自然現象や環境が
変化するという習わしがあり、五色の短冊はここからきているようです。
中国では織り糸にちなんで吹き流しや糸を吊るし、
水を張った桶に梶の葉を二枚浮かべ、
彦星と織姫の星を映しお願いするそうです!
ちなみに日本料理では梶の葉を八寸の敷葉に使ったりします!

と言う事で、今年も恒例の七夕飾りをいたしました!!

お泊りになられたお客様はもちろん、
お食事でご利用いただいた地元のお客様まで
沢山のお願い事をしたためていただきたく思います。
そして今年で5年目になるように思いますが、
フェイスブックやツイッター、インスタグラムと言ったSNSでも
願い事を受け付けます!万助楼の短冊にしたためた願い事は
叶うとお客さまからもお声を頂戴しました。
私が代筆し、責任もって、お焚き上げまでいたします。

さぁ、どしどしお寄せ頂き、
笹竹を柳のようにしならせて下さいませ~~~~!!!

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/

ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

Pagetop