若大将ブログ!「丹後は魅力の玉手箱」

あの時の集大成が今!

2018年5月29日  丹後旅の宿 万助楼  日記 

今年7月で創業111年を迎えます。
長くこのお仕事をさせて頂いていると
先代が残してくれている器や花器などもございますし、
作家さんに作って頂いた器など愛着がございます。
ちょと欠けたからと言って簡単に捨てられませんし、
器なども完全に破損しても捨てられません。。。

古来からある技法に「金継ぎ」という
方法があります。漆を使って割れ陶器は接着したり
たり欠けた部分は砥の粉や木の粉を混ぜ補います。
その継ぎ目に純金を使い華やかに復元致します。
茶人はこの継いである部分も器の「景色」として
楽しんだそうです。なんて奥ゆかしいんでしょう!!

その技法を、以って器を治すべく、「金継ぎセット」なるものを
購入し挑戦してみました!!!!!!!!!

小麦と漆を混ぜて接着したり、余分な漆を削ったり
欠けを修復すべく漆を盛っていびつな所はペーパー掛け!
最後に生漆を塗り、半乾きの時に金を蒔きます!

作業していると、中学生の頃、プラモデル作りに
明け暮れていたあの頃が。。。。。。
パテ埋めや色塗り、接着材のはみ出を削り
ペーパーで磨き色を塗る!!!!!

人生って余計な事ってないんだ。。。。。。
なんてしみじみ思いました(笑)

中学生の自分に見せてやりたいです(笑)

さて、これから大きく破損した
有田の器を継いでいきたいと思います!!!
壊れたから捨てて新しい物を買う方が良い物もありますが、
思いのこもった物は唯一無二でお金には変えられません。

器も思いも継いで行こうと思います!!!!

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/

ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Copyright © 2010 mansukero All Rights Reserved. Designed by TrattoBrain.