京都丹後・網野の竜宮城 丹後旅の宿 万助楼

Blog
若大将ブログ!「丹後は魅力の玉手箱」

これがカニの血です。

2018.3.10 未分類 

前回のブログで、当館の蒸しガニの秘密をお話いたしました!
今回はもう一つ当館オリジナルの下処理をご紹介します。

前回のブログをご覧いただいておられない方は、
こちらからどうぞ!前回のブログ↓↓↓↓
「実は・・・。の実は・・・。」
http://www.mansukero.com/blog/?p=7407

そもそも、私はカニの血液なんて知りもしませんでした。
ある日、蒸しガニのカニミソを食べて煎る時、
ミソの周りにある白いお豆腐の様な物は何なんだろう??
と思ったのです。けっして不味いわけではないのですが、
その部分をよけて味噌を食べてみると、ミソのクリアな味が
濃く味わえる事がわかりました。
しかもその白い部分は塩味も強いので
この部分が無かった方が良いと思いました。
その時はそこまでの思いです。

そしてまたある日、生のカニを捌いて煎る時、
カニを切った後、まな板に若干、青みがかった濃度のある物に
目が止まりました。。。。。普段はカニから出てくる水分。当たり前の
事なのですが、その日は何故か気になり、まな板をこそぐように
かき集め容器に入れて蒸してみたのです。。。。。。
すると透明だったあの液体が白いお豆腐の様な物に
変わったのです!!!!!!!!!
もう、私は心の中で絶叫物ですよ!!
「お前だったのか~~~~~~~っ!!!!!!!!!!」

そこでカニの生態を調べてみると、血液という事が
解りました。包丁を入れて捌いた身や甲羅に白い物

が付かづ、まるごと調理した物にだけ白い物が多く付いていたり
少なかったりするのはそのせいだったのです。

次はどうやってその血液を抜き取るかです!
魚や鳥などは血管がありますですがカニには、
血管が無いのです。ですのでお腹に小細工を施して~~~。
ま、とりあえずご覧ください。
水に漬けるとよくわかります。

「松葉ガニの放血!!」

みなさん絶対秘密ですよ!!!!!!!

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/

ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

Pagetop