若大将ブログ!「丹後は魅力の玉手箱」

丹後クラフトビール

2017年1月12日  丹後旅の宿 万助楼  日記 

今日は当館のドリンクメニューに加わった、
クラフトビール(地ビール)のご紹介です。
京都府でクラフトビールを醸造しているのは5社だそうで、
その1社が丹後にもあります味わいはスッキリと軽い感じで飲みやすく、
アサヒ、キリン等、普段からお飲み頂いているビールもいいですが、
丹後にお越しいただいているので是非、丹後のクラフトビールを
楽しんでいただきたいと思います。丹後のクラフトビールは全7種類ありますが、
当館では3種類ご用意しており、1本330mlですので2名様でも
飲み比べていただけるとおもいます。
では、当館にある3種類をご紹介したいと思います。

「ピルスナー」

ピルスナー

ピルスナーは香り高いチェコのホップを使用!
苦みもやや控えめで香りとまろやかさが特徴のビールです。

「マイスター」

マイスター

マイスターの一番の特徴が、丹後産コシヒカリを副原料に使用していることです。
お米を使っていることから、米(マイ)スターとの事。
まろやかな味になっており、ぜひ「最初の1杯」として飲んで頂きたいです。

「ロンドンエール」

ロンドンエール

ロンドンエール味の特徴は爽やかな苦みとフルーティな香りで、爽やかな味です。
丹後の醸造者が、昔ビールの修行中に、ロンドンで飲んだペールエールのビールが非常に美味しく、英国産のエールを使用していることから、いつかあのロンドンで飲んだペールエールのビールの味を超えたいと思い、「ロンドンエール」と名付けたそうです。

クラフトビールでスタートした後は、日本酒はいかがでしょうか!!
新種の搾りたて、丹後へ来たからお飲み頂ける様なお酒を
数種ご用意してございます。クラフトビールを楽しんでいただいた後は
「今のオススメの冷酒はどれ?」と、お声掛けくださいませ。
私が、緊張の面持ちで日本酒抱えお部屋に上がらせていただきます(^^)
お待ち致しております( ^ ^ )/

 

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、
網野町で旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/

 
ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Copyright © 2010 mansukero All Rights Reserved. Designed by TrattoBrain.