若大将ブログ!「丹後は魅力の玉手箱」

京たんくろ和牛

2011年8月24日  丹後旅の宿 万助楼  日記 

目の前の漁港で水揚げされる魚に、当館の農園や丹後の野菜など、
安全安心、美味し食材は当たり前!お肉だってそうなんです!!
今日は「京たんくろ和牛」についてお話します。

赤身の美味しい短角種をと、サシの入った口どけの良い黒毛和種を
掛け合わせると程よい脂の乗りと、赤身の旨さを兼ね備えた牛が出来るのではないか??
との考えから生まれた「たんくろ和牛」!!
いいとこどりの美味しいお肉です。
和牛どおしの掛け合わせなので、和牛間交配種と表示をすることで、
和牛と名乗る事が出来るのです。

そんな味わい深い牛が当館から車で数分の所にある、日本海牧場で放牧されています。
海の見える素晴らしい牧場は潮風によってミネラル豊富な牧草が生え、
それを食べた母牛からミルクをもらって大きくなります。
京豆腐のおからや地元のビール工房のビール粕など、
沢山食べて育ちます!ですから、普通のたんくろ和牛ではなく「京たんくろ和牛」
として美味しく健康に育っているのです。

年間30頭ほどしかお肉にならない希少な「京たんくろ和牛」の
肩ロースと内モモを召し上がっていただく、「京たんくろ和牛食べ比べプラン」は
丹後の地和牛の美味しさを味わっていただけるプランとして
多くのお客様に喜んでいただいております。

赤身の美味しさと口どけの良いサシの程良く入った
「京たんくろ和牛」を是非ご賞味ください。

丹後旅の宿 万助楼
ホームページ
http://www.mansukero.com/

アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Copyright © 2010 mansukero All Rights Reserved. Designed by TrattoBrain.