若大将ブログ!「丹後は魅力の玉手箱」

お料理

後編はお料理を作りましょう!

2017年9月7日  丹後旅の宿 万助楼  お料理, 日記 

今日は以前のブログの続きでございます!

京丹後市の市報の中に、お料理レシピを紹介するコーナーがあり、
市報に連載していただきました。その後編です(^O^)

前編は当館で酢の物に使う調味酢「淡酢」をご紹介いたしました。
ご覧になられていない方は、まずこちらをどうぞ(^^)
前編ブログ→「簡単なレシピなのです!」
http://www.mansukero.com/blog/?p=7060

前回は淡酢と言う名の調味酢を作って頂きました。
手順も少なく比較的簡単です。
今度は調味酢を使って一品の料理を作っていくレシピです!
料理はサゴシの酢の物です。

実際に万助楼でお出ししている酢の物です。
それではレシピです。

【サゴシの酢の物】

「サゴシの酢漬け」
1センチくらいの厚さに切ったサゴシに軽く塩を降る。
10分ほどたったら、淡酢を絡ませる。

「長芋の淡酢ソース」
(作りやすい分量)
長芋250g 淡酢90ml だし汁90ml 寒天1g

1、長芋は包丁で細かく叩きボウルに入れる。
※摩り下ろすと食感が出ない
2、あらかじめ水で戻しておいた寒天と
淡酢、だし汁、を鍋に入れ火にかける。
3、寒天が溶けたら、薄口醤油とみりんで
味を調え1のボウルに入れ、
しっかり混ぜ合わせ冷蔵庫で冷やす。

「ゼリー酢」
(作りやすい分量)
淡酢170ml だし汁260ml 粉ゼラチン5g
うすくち醤油、みりん各適量

淡酢、だし汁を鍋に入れ粉ゼラチンを振り入れ加熱。
ゼラチンが溶けたら醤油と味醂で味を調え冷蔵庫でしっかり冷やす。

「カンゾウの酢漬け」
カンゾウの花は一日経つとしぼむのでそれを摘む。

1、カンゾウをサッと湯がいて冷水に落とし、
冷めたら軽く絞って浸る程度の淡酢に漬ける。

盛り付け。

1、器にサゴシの酢漬けを2~3切れ盛る。
2、長芋の淡酢ソースをかき混ぜソース状にした物を1の上に掛ける。
3、ゼリー酢をクラッシュし、2の上から掛ける。
4、カンゾウを横一文字になるよう上に盛る。
5、刻んだ茗荷やカイワレなど香味野菜を盛り付け完成。

香味野菜とソース類を絡めながら召し上がってください(^.^)

もちろんサゴシじゃなくても、白身魚やタコでも
美味しくめしあがっていただけます。料理は絶対こうしないとダメ!!
って事は無いんで美味しければそれで正解(^^)
食べる人の事を思いながら、自由に楽しむのが一番ですね。

ちなみに淡酢ソースは寒天の量を増やし型に流すと長芋羹と言う物が出来ます。
昔、長芋羹を作っていたんですが、割合を間違え固まらず失敗し、
作り直す時間もなくソースのようにして盛り付けた。という
裏話があります(笑)他にも失敗から生まれたのがデザートで使っている
コシヒカリソースです。苺にかけると練乳よりも軽く美味しいんです。
このレシピは来春、苺が畑で採れる時期にブログでご紹介しますね〜〜!

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/

ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

簡単なレシピなのです!

2017年8月14日  丹後旅の宿 万助楼  お料理 

京丹後市の市報の中に「旬★感 たんごはん」と言うコーナーがあり、
丹後の方々が簡単なレシピを紹介する!といった企画でございます。

先月、京丹後市の職員様から電話があり、「何かレシピを!」と、
仰って頂きましたので、何にしようか考えました。
夏向けなので、冷たいデザートか、すっきりと酢の物か。

グルグル~~~~~~~ッと、空っぽの頭で考えた結果、
酢の物に決めました!次にどんな料理にするかです。
もう一度グルグル~~~~~~ッと考えた結果、
私が普段使う調味酢「淡酢」を作って頂き、
その調味酢で胡瓜とジャコの酢の物に使用かと思いましたが、
単純すぎますので面白くないです。

そこで市報担当の方とお話した結果、まずは、
なんでも使える便利な調味酢「淡酢」を作って頂き、
次の号では淡酢を使って、ゼリー酢や長芋ソース、
魚の酢〆など、四種の物を作ります。
最後に盛り付けて一品の酢の物を作る。と言う連載作戦です(笑)

そもそも「淡酢」って何??とお思いの方がほとんどかと思います。
当館で作る、ダシの旨味をしっかり効かせた柔らかな酢加減の
調味酢です。当館の酢の物は、
この淡酢を使って作る事がほとんどです。
詳しくは過去のブログを↓↓

「淡酢(あわず)」
http://www.mansukero.com/blog/?p=3149

では、今月号の「淡酢」の作り方です!

「淡酢(あわず)」

米酢180ml水360 mlうすくち醤油35ml
みりん15ml砂糖30g塩6g昆布5g鰹節10g

鰹節以外の材料を鍋に入れ加熱し時々かき混ぜる。

沸騰したら即座に火を止め鰹節を投入。
自然に冷まし、常温になれば、リードペーパーで静かに漉す。
簡単でしょ!!是非やってみてください!!

次号は下の写真の酢の物の作り方です(^O^)

来月はちょっと手間はかかりますが、
面白いので是非挑戦してみてください(^O^)

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/

ブログランキングに参加してみました!!

下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

お約束の調理動画です!!

2017年6月30日  丹後旅の宿 万助楼  お料理 

先日、さつま芋を「蛇の目傘」に見立てお出ししている。
という内容のブログでございました。

ですが、文章での説明では何のこっちゃチンプンカンプン。
そんな皆様の思いが丹後の波打ち際まで届いてきそうでしたので
動画を作りました!
薩摩芋で蛇の目傘を作ると言う料理を作っている動画を作りました(笑)

こうやって包丁で作ったりしていると、
丁稚の時、下手くそ!と言われながら練習したのを思い出します。
当時は、すいません。と言いながら、
初めから上手く出来る訳ないだろ!!!!と、
心の奥底で絶叫してましたが(笑)
今では襟を正すとてもいい思い出です。

もっと料理が上手になりたいです!!

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/

ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

突然ですが18日が解禁です!

2017年5月12日  丹後旅の宿 万助楼  お料理 

今年もこの時期がやってきました!!!
丹後のとり貝が今月の18日に解禁です。

丹後のとり貝はとても大きく肉厚で旨味がとっても濃いんですよ。
「とり貝っていつ飲み込んで良いかわからない」と、
お思いの方もおられますでしょが、
その思いは、間違いだったことに気付きます(笑)
「今までのとり貝って、、、、、、、。」と言うお声を頂戴致しております(^^)
とり貝がお好きな方ならなおのこと、
旨味の濃い味とサイズが群を抜いてございます^ ^

そして、生きたとり貝を調理致しますゆえに召し上がっていただける肝!
これまた絶品です。今年は例年よりも遅い解禁なのですが、
解禁が遅いということは発育が悪い状況ということなので、
あっという間に終了してしまう可能性があります!
今年のとり貝プランの期間は5月18日から6月18日の
1ヶ月間でございますが、早期終了の可能性が強いので、
とり貝をご希望のお客様はお早めにお越しくださいませ〜!

 

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/
ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

と、言う訳です!

2017年4月24日  丹後旅の宿 万助楼  お料理 

前回のブログで少し触れた薩摩芋の博多!
今日はこれについて少しご説明をしたいと思います。

先ず、このお料理は春菊味噌が忍ばせてある上に、
蒟蒻、海老、菜種、などが盛り付けてあり、
そのお味噌を付けながら召し上がっていただきます。
今は春菊味噌ですが、フキノトウだったりヨモギだったり、
私の気分と季節によって変わって参ります(笑)

そんな個性的なお味噌で召し上がっていくお料理なので、
次のお料理へ行く前に御口直しの意味合いもかねて、
少し甘めの薩摩芋の博多をお付けしていると、言う訳です!

丹後の美味しい薩摩芋に胡桃とレーズンを沢山入れ、
たバター、通称「クルズンバター」を作り、
挟みます。ちなみにクルズンバターって言いましても、
当館の調理場だけの呼び名なので他では通じませんよ。。。。。。。。。

市販のレーズンバターは、切った部分によってレーズンが
入っていない事があったので、どこの部分でもレーズンがしっかり
入るように作ったのがきっかけです。せっかくだから
食感に胡桃を入れようと思い、
このクルズンバターを作った!と、言う訳です。

今日は、薩摩芋の博多をご紹介しました。
ちなみに何故「博多」と言うのかと言うと、
博多帯のデザインのように交互に重ねた物を
日本料理の中で「~~の博多」と、言う訳です。

そうそう、今は赤潮が発生しており、
お昼の赤潮は綺麗とお世辞にも言えませんが、
夜になるととても幻想的な物を見せてくれます。
次回お話しますね!!!

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/
ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

成長した春菊を!

2017年4月12日  丹後旅の宿 万助楼  お料理, 万助農園 

あっという間に桜も満開になり、春真っ盛りです!
当館の畑も蕪も花を咲かし、白菜も蕾を出しています。

蕪の蕾は苦みが強いので、しっかりさらしてお漬物に!
白菜の蕾は甘みが多いのでお浸しにしてお料理に添えております。

はたまた冬のお鍋に大活躍だった春菊はグングン成長しております!

そんな大きく成長した春菊を、白味噌とお豆腐をベースにした
お味噌に仕立てております。
フキノトウやヨモギなんかも作っておりましたが、
今回は畑の春菊がとっても成長をアピールしてきたので(笑)

湯がいて色を出し、一晩水に漬けてアクを抜き、
搾り豆腐や白味噌、胡麻のペーストなどと合わせると、
春菊の香りをまとった「春菊味噌」の完成です(^^)

このお味噌はお皿に敷き、その上から焚いたコンニャク、
お芋、白菜の蕾の浸しなどの、具材を盛り込みます!

下に敷いてある春菊味噌を付けながら召し上がってくださいませ。
最後に薩摩芋の博多を召し上がっていただきたいと思います!

これについては、また次のお話~~~~(^O^)

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/
ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

動画シリーズです(^^)

2017年3月24日  丹後旅の宿 万助楼  お料理 

11月6日から始まったカニの漁期も、
終わり長い様であっという間でした。
これからは魚種も増えカニとは違った魅力の
魚たちを楽しんでいただきたいです。

話は変わり、今日は動画でご紹介したい物がございます。
お造りのあしらいに「唐草大根」と言う物を
作り、添える事がありますが、お客様から
「これどうやって作るの」と、ご質問を頂戴します。

先ず大根の茎から葉を削ぎ落とし、
平らな方を下にしてまな板に置きます。
細い方から太い方へ、上から下に向かって
切り離さないように切り込みを入れます。
最後に立てにスライスして水に放ちます。
では動画でどうぞ~~~~~!

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/
ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

なので「夫婦プラン」と、なる訳です!

2017年1月24日  丹後旅の宿 万助楼  お料理 

今季のカニシーズン初めて作ったプラン「夫婦プラン」が
大人気でございます!!何が夫婦かと申しますと、
皆さまが良くご覧になられる大きな松葉ガニはすべてオスです。

そのカニを~~~~!
「お造り」

「焼きガニ」

「甲羅味噌」

「天ぷら」

「カニすき」

と言ったコースで召し上がっていただきます。

そしてメスのカニはコッペガニ!と丹後で呼びますが、
香箱ガニやセイコガニと他府県では呼んだりします!
オスに比べてとても小さいですが、オスには無い内子と外子ば、
最大の魅力です(^^)

オスとメスを一匹づつ召し上がっていただきますので、
「夫婦プラン」と名付けました!!!!!!

二月、三月は少し海の模様が落ち着いてくるので、
リーズナブルに味わっていただけると思い、
意を決して、プランを立ててみました。
ひょっとすると今季が最初で最後の伝説のプランになるかもしれません!!

タグの付いた活松葉ガニを初めて食べるにも最適です。
カニの食べ納めにも最適です!!

夫婦プランのご予約はこちら!!
「和室8畳」
http://www.yado-sagashi.jp/yoyaku/plan/plcal.jsp?y=61212495887079&p=82&pe=2&in=2017/02/01&cmfrm=0

 

是非是非最後のお雑炊まで楽しんでいただければと思います(^O^)

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/
ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

1月15日の行事

2017年1月19日  丹後旅の宿 万助楼  お料理, 日記 

1月1日元旦から7日後は七草粥。
そして1月15日は小正月です。ですので
外しておいた正月飾りや父や子供の描き初めを、どんど焼き(^^)

地域によって呼び方や日にちは違うようですが、
ここ丹後では1月15日です(^O^)

そしてもう一つ小豆粥です!!
中国から伝わる伝統行事で赤は邪気を払うとの事で、
小豆を用いて粥を作ります。当館でも朝食にお出しいたしました!

柔らかに焚いた小豆にごくごくわずかの砂糖を入れ、
粥を邪魔しない甘さを含ませます。
子供の頃は小豆粥を食べても「美味しい」とは、
思いませんでしたが、いつからかこういった滋味深い味が、
好みになってきますね(^^)

こういった伝統行事を大切にしていきます!!

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/
ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村願いいたします(^O^)

年末、年始の様子を~~!

2017年1月7日  丹後旅の宿 万助楼  お料理 

明けましておめでとうございます。
2017年一発目のブログでございます。
今年も年末から慌ただしくさせていただきました!
餅花を皆で作る所からスタートです。

dsc_0773

何と言っても年末はおせち料理の仕込みに追われます。
おせち料理は縁起を担ぐため様々な食材一つ一つに大切な意味を持ちます。
その食材一つ一つしっかり手をかけ仕込んでいきます。

そこで今年は動画で仕込みの中の包丁を使う所をご紹介いたします。
梅は咲くと必ず実を結ぶ事から縁起物とされます。
その梅の花に人参を剥いていく「ねじり梅」

金柑(キンカン)は金冠の字を当て、宝物を表しています。
「金柑の甘露煮」は切り込みを入れ、種を取り出します。

菊の花は中国で仙人の住む所に咲くと言われ長寿を表します。
蕪を菊に見立てた「菊花蕪」

根菜類のクワイは芽が飛び出ている所から、今年良い芽が出ますように!
と、願いを込め、おせち料理に欠かせません。
そんなクワイを「松かさ」と「絵馬」に見立てて(^^)

31日は仕込んだ材料を詰め込み、ご注文を頂いている
お客様の所へお届けしたり!

2017年お重詰

ご宿泊のお客様のお夜食に
年越し蕎麦をお出しする為、丹後の蕎麦粉で蕎麦を打ったり。
こうして調理場の1年は終えて行きます(^^)

年越し蕎麦

そして三ヶ日はご朝食に1人用のお重をお出しいたします。
お屠蘇で始まり雑煮や食後のぜんざいなど。
そして今年は餅つきも楽しんでいただきました。
玄関でペッタンペッタン!

よいしょ~~!

お客様にも交代でペッタンペッタンしていただきました\(^o^)/

お客様も!

よいしょ~~!

今年も丹後の美味しさを楽しんで頂けるよう頑張っていきたいと思います。
学のない私のダラダラとした内容もお目だるかとは思いますが、
今年もどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

丹後旅の宿 万助楼
京都の最北端、京丹後市、網野町で
旅館を続けて100余年!
温泉とお料理でゆっくりと。
ホームページ
http://www.mansukero.com/
ブログランキングに参加してみました!!
下の万助楼の写真をクリックしていただけると
皆様の一票が入ります!!
どうぞよろしくお願いいたします(^O^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アーカイブ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Copyright © 2010 mansukero All Rights Reserved. Designed by TrattoBrain.